失敗しない障害年金の申請方法

精神障害病気やケガなどで日常生活に支障が出たり、仕事ができなくなったりした場合に、国から年金を受け取ることができます。それが障害年金です。身体障害、知的障害、精神障害など障害年金の請求ができる人でも、申請が難しい、申請方法が分かりにくい、などといった理由で、または障害年金制度自体を知らないといった理由で、申請していない人も多いのが現状です。

障害年金は障害者と認定されていても需給要件に満たしていなければ受給できません。一方で、障害者と認定されていなくても需給できるケースもあります。病気やケガをしたという理由だけで障害年金が受給できるわけではありませんが、受給できる要件を満たしていれば受給できるものです。申請のハードルが高いと思っている人も少なくないものですが、正しい方法で不備のない申請をすれば、間違いなく受給できます。

ただし、間違いなく障害年金を受給するには、受給要件を満たしていることはもちろん、用意する書類や適切な内容の診断書などが必要です。受給するには、障害があることを証明するだけではなく、受給できる基準や内容に適合していることが必要になります。そのため、初診日がかなり過去になると手続きが困難になり、その時点で諦めてしまうケースもあります。

自分だけで申請するのが難しい場合は、公的な窓口や社会保険労務士などに相談するのも方法の一つです。障害年金の申請における注意点相談窓口の選び方などについて説明しましょう。